診療時間  9:00~12:30/14:30~18:00  
水曜は12:00 土曜は13:00まで 午後休診 

休診日:日曜・祝日・お盆・年末年始     

お気軽にお問合せください

092-574-4187

舌下免疫療法(スギ)

舌下免疫療法(スギ)パンフレット

スギ花粉によるアレルギー性鼻炎(いわゆる花粉症)に対して舌下免疫療法を行っています。

免疫療法は、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与し、からだをアレルゲンに慣らして体質改善を目指す治療です。

初回の服用はスギ花粉が飛散していない時期に始める必要があります

現在、スギとダニに対して舌下免疫療法が可能です。

                    ダニの舌下免疫療法はこちら

舌下免疫療法の流れ

最初の診察

スギ花粉によるアレルギー性鼻炎の診断をします。
症状をお聞きして、鼻腔の粘膜の状態などを診察します。

最終的には血液検査を行ってスギの花粉によってアレルギー症状が起こっていることを確認します。保険診療を行うためには必須の検査になります。過去一年以内に当院で検査を行って診断した方は改めての血液検査は不要です。

舌下免疫療法の説明など

シダトレン説明

スギ花粉が原因と判明すれば、治療に進みます。

まず、お薬の飲み方や副作用の対処法などが書かれた説明書を読んでもらいます。

それなりの時間がかかりますので事前にメーカーのページを読まれることをお勧めします(下記の舌下免疫療法ナビの説明をご参照ください)。

お薬の処方

お薬についてご理解いただけたら、処方を行います。初回の服用は当院で行わなければいけない決まりになっています。

初回の服用

当院にて初回の服用を行います。気分が悪くなったりしないか30分間の確認後、その日は終了になります。原則、次回の受診は4週間後です。

その後の通院

シダトレン実物

お薬を服用して、気分が悪くなったり、皮膚が痒くなったり、その他異常がなければ4週間ごとの診察になります。

数か月後に効果が出始めます

数か月服用すると効果が現れます。その効果が安定し、スギ花粉に反応しなくるまで、3ないし5年かかるといわれています。根気よく治療をお願いいたします。

舌下免疫療法ナビの説明

舌下免疫療法については上をクリック

アレルゲン免疫療法ナビには、舌下免疫療法を検討されている患者さんに前もって読んでいただきたいコンテンツがありますが、ちょっと探しにくい設定になっています。

そのページにたどり着く方法を記載していますので、下記を参考によろしくお願いいたします。

下の中央

アレルゲン免疫療法ナビのトップページ下の中央の”服用中の患者さんへ”をクリックしてください。

シダトレンを服用

花粉症 シダトレン

スギの舌下免疫療法を希望の方は左の”シダトレンを服用している”をクリックしてください。
服用していなくても大丈夫です。

目的のページです

シダトレン スギ

このコンテンツに舌下免疫療法をご検討中の方への必要な情報がありますのでご一読をよろしくお願いいたします。

よくあるご質問

舌下免疫療法って何ですか?

アレルゲン免疫療法とよばれ

アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与し、からだをアレルゲンに慣らして体質改善を目指す治療です。それまでの注射で行う免疫療法と違って、スギでは2014年秋に舌の下で溶かして服用するお薬が発売されました。アレルギー症状が消失・軽減されたり、日常生活の影響を改善するなどの効果が期待されます。

初めて受診しても、当日から治療可能ですか?

きちんとご了解いただければ可能です。

初めての受診でも当日から治療可能です。下記の事柄のご了解をお願いいたします。

  • 受付を平日は15時(水曜・土曜日は午前9時30分)までにしていただき、診察・説明・検査・服薬などの時間を十分確保してください。
  • 症状・診察などによりアレルギー性鼻炎が十分疑われる。
  • アレルギー検査にてスギがアレルゲンと判断できる。
  • 舌下免疫療法についての方法・副反応などにご理解いただける。
    事前に上記の舌下免疫療法ナビをご参照しご理解いただけると時間短縮になります。
  • 初回は診療所内で服薬する必要がある。

などです。

なお、受付のときに、”スギの舌下免疫療法希望で受診します。”とスタッフに一声かけていただきますと助かりますのでよろしくお願いいたします。

いつ治療を始めればいいですか?

5月から12月初めまでに始めましょう。

安全に治療を開始するためには、スギ花粉が飛散していない時期を選ぶ必要があります。そのため、5月のスギ花粉の飛散が終了後から11月まで遅くとも12月前半までには治療を開始する必要があります。

治療を受けられる年齢は?

満5歳以上です。

保険診療では舌下免疫療法が受けられる年齢は満5歳以上の方です。平成30年6月29日から満12歳以上から満5歳以上に広げられました。

小学生は治療を受けられないのですか?

治療を受けることが可能になりました。

発売当初は保険診療では満12歳以上のみに限定されていました。平成30年6月29日から満5歳以上から治療可能になりました。

治療をご希望の方は受診してください。

 

どこの医療機関でも処方可能ですか?

すべての医療機関で可能なわけではありません。

舌下免疫療法のお薬は講習を受講するなどして許可を受けた医師しか処方できません。処方可能なドクターは全国にいますので、製薬会社のホームページなどでご確認ください。

花粉の飛散期には通常の薬が必要ですか?

個人差があるのでそれぞれですが、

舌下免疫療法の治療の効果がある患者さんは、最初の花粉飛散シーズンになっても、通常の花粉症(スギ花粉のアレルギー性鼻炎)のお薬が服用しなくても大丈夫な方もいらっしゃいます。あるいは、例年に比べて薬の量を減らせる患者さんもいらっしゃいます。2ないし3シーズン目には患者さんには効果が見られるようです。

舌下免疫療法については
上のバナーをクリック